2012年06月16日

高橋留美子の漫画!

懐かしい!高橋留美子の漫画は小学生のころから家にあってよく読みました。
笑いと愛を求めている人にオススメ。高橋留美子のラブコメマンガBest3!は、
まずこの人の漫画といえば!で出てくる「うる星やつら」。これは本当にいつ読んでも面白い。この先20年経っても面白いなあと思うと思う。
ラムちゃんが可愛くて!あたるも嫌いになれない案外愛されキャラ。色んな理不尽によく立ち向かって行ったなあって思うのですが、なんかそんな勇者キャラでもないんですよね。そこがまた良い。
面白くて笑えて、あたるが可哀想なんだけど、面白い。でも、最終回はとにかく切なくて泣きそうになりました。良かったねー!って素直に祝福したくなるラストに、寂しさより幸せな気分でした。
「めぞん一刻」は、うる星やつらよりちょっと大人向けかな、と思うのですが、基本的な面白さは変わらず。もしかしたら将来はこっちのほうがいいなって思うようになるのかも。今でも十分面白いんですけどね。
恋愛模様がちょっとリアルで、最後のほうは大人の漫画になって、甘くて切なくてとっても良いお話です。
大人の恋愛にあこがれます。
「犬夜叉」は一転、笑いをかなり控えたファンタジーでしたね。
こちらもラストはもう会えなくなって終わるのかと思いきや、幸せなラストで安心した記憶があります。
高橋留美子さんの漫画は、本当に笑いも切なさも幸せもあって、とにかくラストが素敵に終わるので大好きです。
ああ、うる星やつらが読みたくなってきた。
posted by ena at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。